併設ゲストハウス   |   ほうぼう屋プーケット店   |   体験ダイビング   |   ファンダイブ   |   ライセンス取得   |   オプショナルツアー

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

    にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
    にほんブログ村                 
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

プーケット雨季のダイビング

ケットでは年間を通してダイビングを楽しむことが出来ますが、雨季の時期にプーケットへのダイビング旅行を計画するときに、「十分に楽しめるだろうか」「潜れるだろうか」といった心配をされるダイバーの方もいらっしゃるかと思います。

プーケットの季節は、11月〜4月くらいが乾季。逆に5月〜10月くらいが雨季にりますので、ちょうど日本の夏休みシーズンにプーケットへのダイビング旅行を考えると「雨季」ということになるわけですが、この雨季に他のダイブサイトとは違って、年間を通して最も良いコンディションを迎えるのが、「ラチャヤイ島」「ラチャノイ島」です。

ラチャヤイ島へのダイビングはプーケットから大型のダイビングボート利用して、約1時間30分ほど南下します。
大型のダイビングボートは、居住性スペースが広いので、突然のスコールでもキャビンで過ごす事が出来ますし、晴れた日ならサンデッキにのんびり寝転んでクルージングも良いものです。

一部にスピードボートを利用したツアーがありますが、
雨季の時期は外洋の波が高い日もあるため、小型のボートは転覆などの危険も考えられるので、安全上おススメは出来ません。
またスコールが降ってきた場合には、スピードボートの場合には乗客はズブ濡れ必至です。

弊店でも、まったく雨もふらず海も穏かな乾季のハイシーズンには、
「マヤベイ+観光、上陸付2ダイブツアー」を高速のスピードボートで催行しますが、
この時期は、安全上催行を取りやめています。

さて、ラチャヤイ島でのダイビングですが、
雨季の時期は、モンスーンを避けて島の東側で潜るので、航行中に波が高い日でも、島影に入ってしまえば、波もなく穏かな環境でダイビングが出来ます。
透明度はこの時期、平均で15メートル〜30メートル以上にあがり、海は青く透き通ります。
ダイビングポイントは島の東側だけでも、7箇所以上ありますので、連日ラチャヤイ島へダイビングツアーに出かけても飽きることなく楽しめるはずです。

沈船ポイント、枝サンゴも森をドリフトで流す、白い砂地の根を点々と潜るなど、
ダイバーの好みやスキルにあったポイントを選ぶことができるので、幅広い層のダイバーが皆、十分楽しむことの出来ます。

ファンダイビングだけでなく、体験ダイビングや、ダイビングライセンス講習も盛んですので、連日多くのダイバーが訪れるダイバー天国といえる島です。
ライセンスの無い方の体験ダイビングとファンダイブを一緒に潜ることも出来ますので、
恋人同士や友人、ご家族皆さんで一緒に参加できるのも魅力です。

ツアーは、ラチャヤイ島の場合、午前午後に1本ずつ計2本。ラチャノイ島の場合には、ラチャノイで2本、ラチャヤイで1本の3本が主流です。
ランチはボートでのビュッフェランチになります。



プーケットへの帰着はおおよそ15:30〜16:00頃ですので、その後にスパに行ったり、夜のサイモンキャバレーやプーケットファンタシーなどへの参加も可能です。

雨季は住民にとっては恵みの季節。旅行者にとっても、タイの豊かなフルーツを楽しむことも出来ますし、良いサービスをお得に利用できるシーズンですので、
近年は、アジア人を中心に人気が高まっています。

是非、この夏のプーケットも訪れてみてください。
ダイビングも旅行自体も新しい発見や感動に出会えることでしょう。



プーケットの雨季

プーケットは、年間を通しダイビングを目的にする方や、旅行者が沢山訪れます。
季節は、日本とは違い「乾季」と「雨季」という2つの季節があるのが特徴です。
それぞれにダイビングや、旅行で訪れる人にとってお天気や季節は、旅行を計画するにあたって、大きな要素だと思います。

自然の事なので、年によってばらつきはありますが、乾季はおおよそ11月〜4月くらいまで、雨季は5月〜10月くらいまでと考えれば良いでしょう。

「雨季」が無い日本。雨季と聞くと、日本の方が思い浮かべるるのが、「梅雨」ではないでしょうか。でも、実際には梅雨とはだいぶ違うものです。
考えても見れば、日本の梅雨のような状態が半年も続いたら大変です。
プーケットの雨季は、晴れ時々スコールといった感じで、1日中雨が降ったり、数日続いくのは、おおよそ乾季から雨季への変わり目、雨季から乾季に移る変わり目の時期です。

日本の夏休みにあたる頃は、雨季の中盤になっていますので、おおむね安定している時期といえます。夏の旅行で心配なの事のひとつが、台風ではないでしょうか。

ベトナムの沿岸や、中国南東部までは台風がやってくることがありますので、
台風の影響を受けて発達した低気圧が、西南に長く伸びて、プーケット周辺まで低気圧の影響を受けることはありますが、プーケットには実は、台風はやってきませんので、沖縄やグアムのように、せっかく南の島にやってきたのに、ホテルから一歩も出られなかった・・ということは起きないものです。また逆の西からも、インド方面からも台風の類はやってきません。

この時期のプーケットは、青空が広がり太陽が燦燦と照りつけていると思いきや、
あっというまに空が真っ暗な雨雲に覆われ、まるでバケツをひっくり返したようなスコールが小一時間ほど降ったかと思うと、また青空がのぞくいった南国特有の天気が多くなります。
突然のスコールに備えて、折りたたみの傘や、簡易な雨合羽を用意するのも手ですが、
タイ人は、皆スコールが降ると、活動をやめて軒下でのんびり過ごします。
いずれ降り止むことを知っているので、なにも慌てることはないというこです。
彼らに習って、のんびりとスコールをやり過ごすのもタイらしい風情があるものです。

さて、雨季は現地の人々にとっては恵みの季節。
旅行者にとっても、タイの豊富なフルーツをあれこれ楽しめるはずです。
日本では高価なマンゴスチンや、ドラゴンフルーツなどもここプーケットでは、
驚くほど安く購入できます。

またヨーロッパからの旅行者は、避寒をかねて乾季の11月〜4月には膨れ上がるので、
ホテルやサービスの値段も倍にあがったりするものですが、この雨季の時期は、良いサービスを安く受けられるお得な時期ともいえます。
近年は、アジア人を中心にこの時期の旅行に人気が高まってきています。









| 1/1PAGES |