併設ゲストハウス   |   ほうぼう屋プーケット店   |   体験ダイビング   |   ファンダイブ   |   ライセンス取得   |   オプショナルツアー

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

    にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
    にほんブログ村                 
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「透明度」と「透視度」

せっかくダイビングをするなら キレイな海でって思いますよね。

 

よくお客様に聞かれる・・・

 

「透明度どうですか?」

 

「透明度」も「透視度」も水中でどのぐらいの距離まで見えるか現す言葉ですが、

ダイビングの世界では・・・

 

垂直方向に見るのを「透明度」

 

水平方向に見るのを「透視度」

 

と 言うので、一般的なダイビングでは「透視度Xm」と言うのが正確な表現ですが、

 

なぜかぐちゃぐちゃになってしまい・・・

 

むしろ「透明度」のほうが普通に使用されます。

ちなみに、透視度(透明度)の目安は、

 

•濁っていて、くっついていても前の人のフィンしか見えない

……2〜3m(通称「みそ汁」状態)

 

•濁っていて、ちょっと離れると人がぼんやりとしか見えない

……5〜7m

 

•そこそこ離れても人の姿がはっきり確認できる

……10m前後

 

•遠くまで見通せて、多少グループから離れても全員が確認できる

……15〜25m

 

•大きな根全体が見渡せる。遠くの人もハッキリ確認できる

……30m以上

 

一応私の目安です☆

 

なので潜ったときに自分の感覚と他のダイバーさんとの違いを 聞いてみるのも面白いと思います☆

 


BCD


引き続きダイビング器材のご紹介です。
レギュレーターと並んで、ダイビングに必要な2大重器材です。
ダイバーではない方には聞き慣れない名前の器材ですが、
ボイヤンシー・コントロール・デバイスの略でBCDです。
日本語にすると、浮力調整器具でしょうか。
いくつかの重要な機能があるもので、ダイバーがジャケットを着るように使います。
まずこのBCDにスクーバタンクを装着できるようになっていますので、この器材によって
ダイバーがスクーバタンクを携行することができます。
最も重要なのがその名の通り、浮力のコントロールですが、ちょうど浮き袋のように空気を入れて
膨らませることで
まずは水面で浮いていられるようになります。
逆に空気を抜けば、体や器材の重みで水中へ沈んでいきます。ダイビングするには沈んでいかないとならないですよね。
また、水中でも浮き気味、沈み気味を空気の出し入れによって調整して、フワフワと宇宙遊泳のように
漂うことができるわけです。
こちらもヨーロッパのメーカーが主流で、ほぼレギュレーターと同じメーカーが製造しています。
色もデザインも色々ですので、おしゃれにかっこ良く決めてみてくださいね。






JUGEMテーマ:ダイビング

ダイビング用レギュレーター


ダイビングは器材指向のスポーツと言えるかもしれません。
人が呼吸出来ない水中の環境で活動する上で、器材を使用するという事がセットになっているわけですね。
ダイバー以外の方は、水中で呼吸するのは、酸素だと思い込んでいる方が多いようですが、
呼吸しているのは、陸上と全く同じ空気です。
スクーバタンクのの中に、沢山の空気が入るように圧力をかけて空気を圧縮していれています。
入れている空気はもちろん、特殊なものでなく、今呼吸している、そこの空気です。
さて、圧縮されていますので、そのまま吸う事はできません。
そこで、レギュレーターと呼ばれる器材をスクーバタンクと繋いで、陸上に居る時と全く同じように呼吸ができるように
調整した空気を吸います。
ダイビング用のレギュレーターのメーカーは、ヨーロッパのものが人気でマレス社やスクーバプロ社、
アクアラング社などが最もメジャーです。
日本でも、ツサ社などのメーカーもありますが、世界的にはあまりメジャーではないかもしれません。
どこのレギュレーターを選んでもダイビングする際に問題はありませんが、
レギュレーターは大きくわけて2種類の機構があります。
ひとつはダイヤフラム式、もうひとつはピストン式ですが、使用場面によって、
現在の技術上ではどちらが優れているという事はあまり差異がないのが実情です。
価格やデザインなどを重視して選んで頂いても問題ないはずですので、長く使えるお気に入りのひとつを
探してみてください。

JUGEMテーマ:ダイビング

ビーチダイビング


11月から5月のゴールデンウィークが終わる頃までがプーケットのハイシーズン、
乾期のシーズンになります。
この時期は、モンスーンが去り、外洋の波もなくなりまるで湖のようなツルツルの水面が
続きます。雨も降りませんので、水が濁る要素が少なくなり、透明度もあがるコンディション最高の季節です。
また、プーケットのビーチでダイビングができるコンディションになりますので、
講習や体験ダイビング、ファンダイビングとなんでも楽しむことができるます。
カタビーチでのダイビングがメインで、沖合に長く伸びたリーフにそって潜るダイビングは、
のんびりゆったりと楽しむことができるはずです。
ビーチダイブとはいえ、ミミックオクトパス、ゴーストパイプフィッシュ、フリソデエビ、などのマクロから、
オニカマス、ナポレオン、ウミガメなども見る事がある魅力いっぱいのダイビングポイント。
ほうぼう屋スタッフも大好きなカタビーチでのダイビング、是非、みなさんもどうぞ。
 

JUGEMテーマ:ダイビング

ダイビングに出かけよう


もうすぐ乾期のハイシーズンを迎えるプーケットですが、
このところの天候、海況は既に安定していてコンディションも上々です。
忙しいハイシーズンを前にして、小休止状態のプーケットですが、
この時期にも訪れるファンダイバーの方もチラホラの毎日です。
コンディションも良く、お客も少ないこの時期でプーケットのダイビングは結構、お得感があるのではないでしょうか。
ガイドとマンンツーマンなんて日も少なくはありません。
のんびりゆっくり潜って、プーケットの海を満喫してください。



JUGEMテーマ:ダイビング

| 1/1PAGES |