併設ゲストハウス   |   ほうぼう屋プーケット店   |   体験ダイビング   |   ファンダイブ   |   ライセンス取得   |   オプショナルツアー
<< BCD | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

    にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
    にほんブログ村                 
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「透明度」と「透視度」

せっかくダイビングをするなら キレイな海でって思いますよね。

 

よくお客様に聞かれる・・・

 

「透明度どうですか?」

 

「透明度」も「透視度」も水中でどのぐらいの距離まで見えるか現す言葉ですが、

ダイビングの世界では・・・

 

垂直方向に見るのを「透明度」

 

水平方向に見るのを「透視度」

 

と 言うので、一般的なダイビングでは「透視度Xm」と言うのが正確な表現ですが、

 

なぜかぐちゃぐちゃになってしまい・・・

 

むしろ「透明度」のほうが普通に使用されます。

ちなみに、透視度(透明度)の目安は、

 

•濁っていて、くっついていても前の人のフィンしか見えない

……2〜3m(通称「みそ汁」状態)

 

•濁っていて、ちょっと離れると人がぼんやりとしか見えない

……5〜7m

 

•そこそこ離れても人の姿がはっきり確認できる

……10m前後

 

•遠くまで見通せて、多少グループから離れても全員が確認できる

……15〜25m

 

•大きな根全体が見渡せる。遠くの人もハッキリ確認できる

……30m以上

 

一応私の目安です☆

 

なので潜ったときに自分の感覚と他のダイバーさんとの違いを 聞いてみるのも面白いと思います☆

 


スポンサーサイト

    にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
    にほんブログ村                 
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック