併設ゲストハウス   |   ほうぼう屋プーケット店   |   体験ダイビング   |   ファンダイブ   |   ライセンス取得   |   オプショナルツアー

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

    にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
    にほんブログ村                 
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

プーケットでお魚も食べる


ファラン系(タイの外人の呼び方)の食事となると、やっぱり肉。になってしまうものですが、
たまにはと、あえてお魚をチョイスすると、なんだかお腹だけでなく心まで満たされたりするのは変でしょうか(笑
自分は、あえてヘルシーなお魚を食べたのだという妙な安心というか自信がでてきてしまいます。
お魚は、お肉よりも含まれる油分も良いのだ的な話を聞いたようなそんなところが根拠の弱い満足感ですね。
プーケット セントラルフェスティバルの1Fにあるワインコネクションで昼からチョイスしたのは、
サーモン、白身魚のグリル。もちろん、ここの最大のポイントであるサラダバーとともにがっつり頂きました。


JUGEMテーマ:ダイビング

プーケットで日本風スイーツ


プーケットは、ヨーロッパから訪れた外国人が多いので、スイーツといえば欧米風のものか、
タイの和菓子的なものみたいなラインナップになるのですが、
最近は、スイーツも日本のものが人気なようです。
あのヤマザキのスイーツが、ちょっと裕福なタイ人達に人気なのは知っていましたが、
プーケットタウンには、パンケーキ専門店がオープンしたり、最近は日本の流行にも敏感です。
先日、久しぶりにテスコロータスを訪れると、「ア、リトルスート」という店名のお店が出来ていました。
メニューを見ると、パンケーキをはじめ、なるほど日本っぽいスイーツが並んでいます。
お店には入りませんでしたが、ちょっと気になるお店でした。


UGEMテーマ:ダイビング

プーケットタウン ネイチャーレストラン


プーケットタウンの中心地にほど近い路地裏に、
ひっそりとした佇まいのレストラン、ネイチャーレストランです。
その名の通り、緑の植物に建物全体、外も中も覆われたレストランで、なんとも安らぐ雰囲気が特徴。
先日、一緒に訪れた友人曰く、「ありきたりの言葉で言えば、宮崎駿の世界」だそうです。
昨今は、観光客も訪れますが、やはり地元の人気は高く、ちょっとリッチなタイ人の集いがお客の主流のようです。
お料理の方も、なにを食べても美味しく、ボリュウムもあって外れがない安定感。
居心地の良い空間にくつろいで、つい長居をしてしまいそうです。
デザートは、店頭にも並んでいるマンゴー、カオニャオマンムアンがおすすめ。
パトンやカタなどの観光エリアでも、こてこての庶民タイ食堂とも一線を画す味と雰囲気、
本当においしいタイ料理を落ち着いて食べるなら、まさしくおすすめした1店に選びます。
ピークは混みますので、ちょっとお昼時を外して訪れるのがおすすめです。



JUGEMテーマ:ダイビング

プーケットのスーパーで刺身


プーケットには日本人をはじめとする外国人の在住者にも人気のスーパーがあります。
その中でも人気なのが、「プーケットセントラルフェスティバル」の1Fにある「トップス」と、
我らが、ほうぼう屋プーケット店のあるシャロン、「ホームプロビレッジ プーケット」の中にある「ビラマート」です。
昨日、昼食と買い物がてらにプーケットセントラルフェスティバルを訪れると、トップスの前に
お刺身のお惣菜コーナーが出来ていました。
マグロ、サーモン、カニカマ、、、というラインナップはご愛嬌。
タイ人は、とにかくカニカマが好きで、寿司や刺身といえばカニカマだろ、と思っているのです。
まぁ、おいしいは、おいしいのですが、いやはやなんとも、なにか言いたいのは山々なのですが、
既に浸透しきっているこの風潮に、抵抗できる術はありませんので、もう日本人として自信を持って、
うまいだろう、とおすすめしています。
それにしても、この日本から遠く離れたビーチリゾートの島で、内容はともかく、
見た目は、もう日本な刺身の総菜パックがスーパーで全面的に売られている奇跡に感動です。
こんなに沢山の国がある世界で、どこの国でも人気の食文化があるなんて、誇らしい限りですね。
おいしくカニカマ頂きましょう。



JUGEMテーマ:旅行
JUGEMテーマ:ダイビング

ワットプラトーン


昔昔のプーケッとはタイではなく、ひとつの国だったそうです。
その頃の首都がプーケットの北、プーケット空港にほど近い町「タラン」です。
タランには、ワットプラトーンという古いお寺があるのですが、ここの仏像は上半身だけ地上より上、下半身は埋まったままという
変わった仏像で、そのままの状態で本堂の中に安置されています。
他にも、ロータリーの中心に設置されているヒロインズ像なども名物のひとつ。
ビルマからの侵攻に立ち向かって、見事それを撃退したと言われる姉妹の英雄だそうです。
プーケットのジャンヌダルク的な存在なのでしょうか。
記念日には、たくさんの花を添える住民の姿がみられます。
ビーチリゾートとして有名なプーケットですが、この地で昔から暮らす人々の歴史が息づいているものです。


JUGEMテーマ:旅行

プーケット空港


昨日、プーケット空港からのバックパッカー御用達、エアポートバスを紹介しましたが、
タクシー、ミニバス利用の場合です。
プーケット空港のバゲッジクレームを出で、さらに到着ロビーをでて建屋の外に出ると、
右に行くとタクシー、左はエアポートバスという表示があります。
表示に従って右へ行くと、建屋のハジに黄色と青のメータータクシーが停まっていますので、
そこの窓口に利用を申し込んでください。または、さきほどの表示の近くにもメータータクシー用のブースもあります。
パトンまでおおよそ600〜800バーツ程度で行くとおもいますが、メーターとあっても、
時と場合によっては交渉になります。
ミニバスの利用は、建屋を出たところのブースで。バゲッジクレームを出たところにもブースがあります。
料金は、パトンまで180バーツ程度ですが、こちらは乗り合いで満員になり次第の出発です。
また途中の旅行代理店によって行き先別に再度、お客さんを振り分けて乗り換えになることもあります。
その待ち時間には、ツアーのセールス攻撃にあうかもしれませんが、毅然とした態度でスルーするのが無難です。
面倒な事は嫌、なるべく早く移動したい、多少の出費は問題という方には、やはりタクシーがおすすめ。
更に、快適を求める方には、リムジンタクシーがあります。




JUGEMテーマ:旅行

プーケット空港からのエアポートバス

JUGEMテーマ:旅行

プーケット空港からの交通手段は、タクシー、エアポートリムジン、乗り合いのミニバンなどがありますが、
バックパッカーにとって一番安価に移動できる手段は、エアポートバスになります。
タクシーで主要なビーチへは、800バーツ前後ほどかかりますが、エアポートバスなら
プーケットタウンまで90バーツ。
タウンからは、ソンテウなどを利用して最終目的地までむかいましょう。

エアポートバスの運行ルートは、
空港 → IndigoPearl Hotel → Talang Hall → Heroiness Monument → Boat Lagoon → Erawadee Bypass → Central/BigC → Sarakul Sadium → Phantep Condo → Phuket Bus Terminal


運行時間は、
06:30〜20:00の1時間〜2時間30分間隔。

料金は、
Central/BigCまで25B、Phuket Bus Terminalまで90B。

空から見えたパンガー湾


プーケットから旅行者がツアーで出かける事も多いパンガー湾。
普段は、パンガー湾をボートでクルーズしながらということですが、
プーケットからバンコクへ向かう飛行機の中からちょうどパンガー湾が眼下に見えました。
数百もの小さな石灰岩の島々から構成されるパンガー湾と言っても、海上にいたらなかなか実感が得にくいのですが、
なるほど、そらから見てみればまさしくうたい文句通りの景観でした。
天候が悪く雲に隠れて視界良好とは言えませんでしたが、なかなか神々しいものを感じる事ができました。
バンコク⇄プーケット間を飛行機で移動する方は、ぜひプーケット着陸15分前くらい、離陸15分後くらいが
ちょうどパンガー湾にさしかかる頃かと思いますので、窓の外を覗いてみてはいかがですか。

JUGEMテーマ:旅行

微妙なお祭り


タイ、プーケットの多くの人々は仏教です。
そこかしこにお寺も多数点在していて、人々の生活に密接しているものです。
このお寺、日本の神社仏閣のように、時折、お祭りがあります。
夜店が多数でて、涼しくなった夕暮れから、ぷらぷらと屋台を冷やかしながら歩くのも同様。
食べ物、輪投げや、射的など、あぁアジア文化圏なんだなぁと思う瞬間でもあります。
日本とちょっと違うのは、ちょっとした遊園地もどきが設置されることなのですが、
これがまたサイケデリックで強烈です。ミニコースターやミニバイキングなど、絶叫マシンとしての
恐怖度は低すぎるほど低いのですが、別の意味でこれほどの恐怖はないといえるようなものです。
しょぼいマシンなのですが、テクノ調のディスクミュージックをガンガンにかけながら走る
とろとろコースターに、子供達が乗っている様は、不思議な光景かもしれません。。


JUGEMテーマ:旅行

ダイビングでバラクーダ


プーケットでダイビングすると、インド洋の様々な生き物に出会う事ができます。
最も人気が高いラチャヤイ島では、ウミガメやマンタと遭遇することもありますし、
マリンパークやピピ島ではジンベイザメに出会うことも。
アジの群れやバラクーダなどもダイバーに人気が高いものでうs。
一糸乱れぬ団体行動する彼らの美しさにはしばし目を奪われます。
ダイバーもじっとして彼らを観察していると、吐き出す泡の周りをぐるぐると渦を作りながら
周回することもしばしば。
東京や大阪でも水族館には様々な種類の生き物を見る事ができますが、
自然のなかで、偶然に出会うことの感動はダイビングでないと決して味わえない
すばらしい経験のひとつですね。



JUGEMテーマ:旅行

<< | 2/20PAGES | >>