併設ゲストハウス   |   ほうぼう屋プーケット店   |   体験ダイビング   |   ファンダイブ   |   ライセンス取得   |   オプショナルツアー

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

    にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
    にほんブログ村                 
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

プーケットでがっつりステーキ系


昨日は、プーケットに来たら、タイ料理食べよう!
と書きましたが、今日は、「おせちも良いけどカレーもね」という事で、あえて西洋料理をおすすめ。
ここプーケットは、タイ人よりヨーロッパ人の方が多いんじゃないかと思うほど、外人であふれた島です。
旅行者はもとより、働く人、長期滞在者、リタイアした方々など、多種多様な外人が住んでいます。
ほとんどがヨーロッパの方ですが、特に北欧のスウェーデンや、ドイツ、イギリス人あたりが多く、
当然、彼らの食欲を満たすべく沢山のレストランがあります。
国や地域によって多少の差はありますが、基本的に彼らが好むのはステーキ、パスタ、ピザなど。
そんなプーケットで、あえて西洋料理、ステーキなど食べてみてはいかがでしょうか。
もちろん、日本には世界各国のおいしいものが揃っていますし、いまやシェフも外国人なんてことも珍しいことではありません。
ですが、ここプーケットの違いは、外人のシェフが外人向けに作っているということ。
一概には言えませんが、やはり日本では日本人向けにアレンジされたものが多いのは確かです。
プーケットでは、イギリスやドイツや、はたまたスウェーデンに行ったと同様の味が楽しめるのです。
どうでしょう。これはなかなかお得ですよね。




JUGEMテーマ:旅行

暑いプーケットでタイ料理

JUGEMテーマ:旅行

タイ プーケットにやってきたら、美味しくて安いタイ料理を沢山食べていってください。
ダイビングボートでも、ランチはタイ料理のビュッフェですが、こちらは欧米のゲストも多いため、
辛さも、ナンプラーも控えめのソフトなタイ料理。
パトンやカタといった観光客が滞在する町でも、もちろんタイ料理は食べられますが、
なんとなくシーフード系が中心となるようです。
本当においしくて安い、ローカルに人気のお店は、プーケットタウンや、ほうぼう屋があるシャロン湾界隈に
沢山あります。タイ料理はいろんな料理を頼んで、大人数でシェアするのがおすすめ。
おかずを数皿たのんで、一人ずつご飯を1皿。これがローカルスタイル。
ランチは、おかずをご飯にぶっかける「ラッカオ」スタイルが定番です。
暑いタイ、プーケットで辛いタイ料理を食べてテンションをあげてくださいね。
 

名物 福建麺


プーケットには19世紀に華僑が沢山渡ってきた為に、ふとした所で
中華文化の片鱗を垣間みることがあります。
日本人旅行者はあまり訪れませんが、プーケットタウンには錫や銀を求めてこの地にやってきた
ポルトガル人や華僑のミックスカルチャーが魅力の町並みなどが今の残り、欧米人には人気です。
さて、福建麺とは、その名の通り、福建省からやってきた人たちが持ち込んだ、
いわゆるラーメン的なもので、ペナン島やマラッカなど華僑交易が盛んだった地域には
どこにでも根付いているメニューです。
ですが、なにがどうなってしまったのか、ここプーケットには、いわゆる普通の福建麺(ホッケンミー)
の他に、汁気がなくなるまで煮詰めたような、ちょっとべっちょり気味の福建炒麺というものが生まれました。
このプーケットオリジナルの一品が今では地元民のみならず、バンコクからのタイ人国内旅行者、
中国人旅行者にも大人気で、連日満席御礼状態です。
本店にはタイ人のスターの写真や色紙が沢山飾られていて、なんだか日本もタイも同じ現象なんだなと苦笑。
お味の方は、なかなか日本人の口に合うのではないでしょうか。
海鮮や青菜などが入って、最後にタイでは珍しく!生卵をおとして、熱々の麺と混ぜて頂きます。
どんな味か。。どうも説明する自信がありません(笑
僕は、月一くらいで食べたくなる一品です。




JUGEMテーマ:旅行


<< | 2/2PAGES |